ホンダとヤマ発が共同提携を発表!原付1種

ニュース

ホンダとヤマ発が共同提携を発表!原付1種
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ヤマハ発、原付バイクをホンダからOEM調達へ 二輪車で両社提携

 二輪車世界首位のホンダと国内2位のヤマハ発動機は5日、国内向け排気量50CCスクーターの生産・開発で業務提携を検討すると発表した。ヤマハ発が現在台湾の自社工場で生産している「ジョグ」と「ビーノ」を2018年をめどにホンダ熊本製作所(熊本県大津町)からの相手先ブランドによる受託生産(OEM)供給に切り替える。両社はかつて「HY戦争」と呼ばれる乱売合戦を繰り広げたライバルだが、国内二輪車市場の縮小を受け協調路線にかじを切る。【宮島寛、小川祐希】

【写真】OEM供給に切り替える「ジョグ」と「ビーノ」

 ジョグとビーノはホンダの類似車種「タクト」と「ジョルノ」をベースに、外観のみ変更して販売を続ける。宅配などに使われるビジネススクーターの次期モデルも共同開発し、ホンダ熊本製作所で生産する方向。OEM供給は年5万台規模になる見通し。電動二輪車普及に向けた充電インフラ整備などでの連携も模索する。17年3月の正式契約締結を目指すという。

 二輪車メーカーの双璧である両社は因縁の関係にあり、ホンダが四輪車の海外展開を本格化させた1979年には、ヤマハ発が間隙(かんげき)を突く形で首位獲得に向けた販売攻勢を展開。それを受け、ホンダは四輪車事業の予算を二輪車に振り向けるなどして徹底抗戦した結果、その後数年にわたって続く「HY戦争」に発展し、定価の半値以下の乱売合戦などに陥った。

 東京都内で記者会見したホンダの青山真二取締役は「過去にし烈な競争があったのは事実だが、しこりはない」と強調。ヤマハ発の渡部克明常務が「(縮小する二輪車市場に)単独で対応するのは難しいと判断した」と述べ、同社側から提携を求めたことを明かした。

 国内二輪車市場は電動アシスト自転車の普及などで縮小傾向にあり、15年の国内販売はHY戦争当時の1割強に落ち込んでいる。一方で排ガス規制は年を追うごとに厳しくなり、収益環境は悪化。特に50CCは日本独自の規格のため、輸出に振り向けにくいという事情がある。

 ヤマハ発の50CCモデルは他にも一部あるが、将来的には50CCの自社生産から完全撤退するとみられる。ヤマハ発は今後、利幅の大きい大型二輪などに経営資源を集中させる。また業界全体でも世界市場でも通用する125CCクラスの運転免許取得簡素化などを政府に求めていく考えだ。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

ホンダとヤマハ発動機が提携を検討

HM戦争は遠い昔の話やね

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう