8歳の子供に母親の死を告げる動画 あなたなら撮れますか?

ニュース

8歳の子供に母親の死を告げる動画 あなたなら撮れますか?
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

カメラの前であえて告白したのは、ドラッグ依存の親たちへの警告!

今、アメリカではドラッグ依存症の親が、非常に多く問題視されている。親の薬物依存によって引き起こされる、新生児の薬物中毒、育児放棄等。、薬でハイになった母親が、汚れた状態の赤ちゃんを見て洗濯機に入れ死亡させた事件もあるそうです。妊婦・母親の薬物依存がアメリカでは深刻な社会問題になっています。何の罪もない子供たちまでが大変な思いをさせられてしまうという現実。

薬物摂取しているこどもを持つ親たちに目を向けてもらうために、この動画を撮影したらしい。
しかしながら、やりすぎ?同感!と世間では賛否両論の意見が物議を醸している。

「覚せい剤やめますか、それとも人間やめますか?」「ダメ、絶対!」
 
覚せい剤や麻薬などの薬物乱用。手を染めてしまえば抜け出すことは困難で、人間を外側からも内側からも破壊してしまいます。



出典 http://encrypted-tbn1.gstatic.com

幼い子ども3人にヘロイン注射、両親を訴追 米

(CNN) 米ワシントン州ピアース郡で、幼い子ども3人にヘロインを注射投与したとして両親が訴追されていたことが3日までに分かった。法廷文書によると、両親は自宅で「気持ち良くなる薬」と称しヘロインを投与していたという。米国ではヘロインの使用拡大が社会問題になっている。

訴追されているのは同郡タコマ在住のアシュリー・ハット被告(24)とリーロイ・マカイバー被告(25)。規制薬物を未成年者に不法譲渡した罪などに問われている。法廷文書によると、両親は州のソーシャルワーカーに対しヘロインの使用を認めているものの、子どもに注入した件については他の大人の責任だとしているという。

児童保護局(CPS)は2015年5月から6カ月間、両被告が6歳の息子と、2歳と4歳の娘2人を虐待しているとの疑惑を調査。同年11月10日には、他の大人も住む被告宅に立ち入り調査し、ヘロインの使用現場などを写真に収めていた。

虐待やネグレクト(育児放棄)の懸念からCPSが子どもたちを両親から引き離したところ、子どもたちの腕に傷跡などがあることが判明した。ピアース郡の検察当局によると、傷跡は注射によりできたもののように見えたという。

保護下に置かれた長男はCPSの当局者に対し、両親が白い粉と水を混ぜた「気持ち良くなる薬」を注射針で子ども3人に投与していたと証言。当局者らが髪の毛穴を調べたところ、長女から微量のヘロインが検出されたほか、次女はヘロインの陽性反応を示した。

警察は今年9月にマカイバー被告を逮捕。ハット被告の身柄も拘束した。ピアース郡の保安官事務所によると、子どもたちは現在、里親の家で元気に過ごしているという。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

薬物中毒で生まれてきた赤ちゃん

生後数週間の赤ちゃんの足がブルブル震える……。その姿が撮影されたのは、米ウェストヴァージニア州に位置するキャベル・ハンティントン病院。母親の薬物乱用の影響を子宮内で受けた赤ちゃんが、薬物中毒で生まれてきて、離脱症状を見せているのだ。

なんとも痛ましい姿だが、アメリカではこのような赤ちゃんが増加の一途を辿っており、19分に1人の割合で薬物中毒の赤ちゃんが生まれてくるそうだ。

出典 http://rocketnews24.com

These Babies Were Born Addicted To Drugs

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ